私の特には、かわり映えのしない日常2

毎日毎日、いつも必ず、一日は、日本全国の誰にとりましても、24時間あります。
そして、それだけの多くの時間を、私は、何もぼーっと、全く何もしないで、無駄にしようとは、思っていません。ただ、私の性格って、昔から、現在至ります、40代半ばの今の今でも、「のんびり屋」なのです。
だから、もしかしますと、私のことをよく知らない人々が、全く親しくない人々からしますと、誤解をされてしまうのかもしれません。これって、もしも、現実に誤解をされていたのならば、特に、新しく出入りする職場、短期間で雇用の契約が終了してしまう働き方は、不本意ながら、不利になってしまうのかもしれません。
あーぁ、なんてことでしょうか、この世の中には、不器用な人々、器用な人々が存在していると思うのですが、私は、自称前者です。悲しいながら、今日までに、職場で知り合ってしまった方々から、「器用ですね。」とは、お世辞にも、言われたことがありません。
いわゆる、「世渡り上手」なのでは、ないのかもしれません。
かつての、お堅い雰囲気の短期雇用のアルバイト先で、その時に、初めて思いがけなく知り合ってしまった同僚からは、「天然ですね。」と言われてしまいました。
あちらの方が、明らかに年下でした。きっと、確実に数え上げたのではないのですが、10歳ぐらい違ったと思います。もしかしますと、そこまでは、年の差がなかったのかなぁ、私の勘違いかもしれませんが。
私は、その方に、気を使っていたのに。

一戸建て 電気代 高い